お申し込み受付を
終了しました

ウェビナー終了後の主催者アンケートにご回答頂きました方の中から抽選で20名様に
「Amazonギフト券(1,000円分)」をプレゼントさせて頂きます。

新たな挑戦を止めない。攻めのセキュリティー戦略とは?

ChatGPTの登場により、生成AIは身近に使える技術として一気に広がりました。
ビジネスに大きなインパクトをもたらし、第4次AIブームとも呼ぶべき様相を呈しています。
生成AIを筆頭に、日々進歩する新たなテクノロジーは、DXを加速する強力なイネーブラーになり得ます。

一方で、デジタル活用やDXを推進していくことは、リスクとも隣り合わせです。
サイバー攻撃の起点や経路となるアタックサーフェス(攻撃対象領域)が拡大するからです。
また、攻撃者は最新テクノロジーを悪用し、攻撃の手口を常に進化させています。

例えば、被害が拡大しているランサムウエアについて見ると、暗号化前にデータを窃取し、身代金の支払いに応じない場合は、情報を暴露すると脅す「二重脅迫型」が増加しています。
しかも、サプライチェーン上の弱点を狙うケースが多く、企業の大小を問わず攻撃を受ける可能性があります。
生成AIを使って作り出された偽の動画や音声など「ディープフェイク」によるリスクなども懸念されています。

本セミナーでは、刻一刻と変化するサイバー攻撃のトレンドや、DXの両輪となるサイバーセキュリティー戦略のあり方など、経営・マネジメント層が押さえておくポイントを指南します。

本セミナーはオンラインセミナー(Live配信)です。

オンラインセミナー視聴マニュアルはこちら

開催概要

名称
ビジネス成長の武器となるこれからのセキュリティー戦略
日程
2024 2 20 日(火)
13:00~16:35(予定)
開催形式
オンライン
主催
日経ビジネス
協賛
アシュアード、KnowBe4 Japan、Netskope Japan、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ (ABC順)
参加料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00 ~ 13:30

【基調講演】

スマートなDX推進組織のサイバーリスク・マネジメント

三角 育生 氏

東海大学
情報通信学部長・教授 三角 育生 氏

プロフィールはこちら

サイバーセキュリティ政策、安全保障貿易審査等の行政に長く携わり、サイバーセキュリティ基本法制定・改正、サイバーセキュリティ戦略立案や日本年金機構事案などの重大事象対応等に従事。2022 年 4 月から現職。元内閣サイバーセキュリティセンター副センター長、経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官。博士(工学)

詳細はこちら

DX 推進組織では、競争優位を確立するために、実用化が進む最新のデジタルテクノロジーを駆使したスマートな DX が推進されている。新たなテクノロジーの適用範囲が広がることに伴いサイバーリスクも高まることとなる。本講演では、行政での経験などを踏まえて、より高い視点からのリスクマネジメントの重要性について概説する。

13:30 ~ 14:00

サイバーレジリエンスを実現するWasabi Resilience for Cohesity
-ランサムウェアはセキュリティ課題!?いえいえ経営課題です!-

光本 博竹 氏

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ
ビジネスソリューション本部
ソリューションサービス部
主査 光本 博竹 氏

詳細はこちら

猛威を振るうランサムウェア!これまでのマルウェアとの違いは被害が自社だけでなく、顧客、取引先といったサプライチェーン全体に影響を与える課題です。これはもはや経営課題です。本講演ではNTTコミュニケーションズが提供するソリューションの活用により、サイバーレジリエンスを実現したお客さま事例を交えながら、必要な対策、準備について解説します。

14:05 ~ 14:35

正しく怖がるランサムウェア
データから考えるリスクと対策

大元 隆志 氏

Netskope Japan
エバンジェリスト 大元 隆志 氏

詳細はこちら

ランサムウェア攻撃は日々進化し、2024年も企業が取り組むべき脅威の一つとなるのは明らかです。ランサムウェアの偵察活動や初期侵入の大半は低コストで簡単に侵入可能な企業を探索します。これらの低コストで仕掛けられる約80%の脅威を効果的に取り除く、データに基づく効率的でかつ効果の高いセキュリティ対策について説明します。

14:40 ~ 15:10

サイバーリスクの脅威が高まる中、クラウド活用に必要不可欠な
セキュリティチェックシートの課題とは?

畠山 正隆 氏

アシュアード
事業開発部
リーダー 畠山 正隆 氏

詳細はこちら

近年、クラウドサービス・SaaS は企業のビジネス活動を支える重要なインフラとなっています。業務利便性は高まる一方、利用数増加に伴い、クラウドサービス経由での情報漏えいやインシデントが増加しております。アシュアードではチェックシート活用におけるアンケートを大手企業様を中心に行いました。本セミナーでは、調査結果とそこから見えてきた課題を紐解き、解決する方法をご紹介致します。

15:15 ~ 15:45

従業員のセキュリティ意識向上の成功のカギとは?

広瀬 努 氏

KnowBe4 Japan
マーケティング
マネージャー広瀬 努 氏

詳細はこちら

従業員のセキュリティ意識向上のための訓練、教育プラットフォームベンダーであるKnowBe4が全世界65,000社以上の企業での過去の訓練や教育の実施結果データを元に成功のカギをお伝えします。

15:50 ~ 16:35

【パネルディスカッション】

ポストコロナ時代を勝ち抜く
“攻めのビジネス”に向けたサイバーセキュリティーのあり方

市原 尚久 氏

メルカリ
執行役員 CISO 市原 尚久 氏

佐藤 芳紀 氏

森ビル
IT推進部 セキュリティグループ
課長佐藤 芳紀 氏

桔梗原 富夫
≪モデレーター≫

日経BP 総合研究所
フェロー 桔梗原 富夫

詳細はこちら

新型コロナウイルスは5類感染症になったものの、先行きが不透明で将来の予測が困難なVUCAの状況が続いています。企業が勝ち抜いていくためには、攻めのためにデジタル技術を活用し、DXを推進していくことが不可欠です。一方で、テレワークが常態化するなどネットワークへの依存度が増し、さらに昨今の地政学的リスクも加わり、サイバー脅威はますます高まっています。攻めのビジネスに向けてサイバーセキュリティー戦略・対策はどうあるべきか、セキュリティーを他人事にしない組織文化をどう作り上げるか、セキュリティー人材をどう育成・確保すればよいかなどについて、二人のリーダーを迎え議論します。

ウェビナー終了後に主催者アンケートがございます。
ご回答頂きました方の中から抽選で20名様に
「Amazonギフト券(1,000円分)」をプレゼントさせていただきます。

  • ※「Amazonギフト券(1,000円分)」は催事終了後の主催者アンケートへご回答頂きました方の中から抽選で20名様に後日ご登録のメールアドレス宛にお送りさせていただきます。
  • ※お申し込みは、お一人様につき一回でお願いいたします。
  • ※Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。
  • ※Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

お申し込み

■視聴環境事前ご確認のお願い

  • » オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら
  • Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
    なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)

  • ※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
    Windowsプラウザ・・・Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Google Chrome
    Macブラウザ・・・safari
    WindowsOS:Windows 11、Windows 10
    MacOS:macOS 最新版
  • ※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
    iOS ・・・iOS デバイス iOS 10以上、Safari
    Android・・・ Android 6以上、Google Chrome
  • ※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンターセミナー係

お問い合わせ

お申し込み受付を
終了しました

日経BP