現場DX×TECHカンファレンス2024 Spring

デジタル技術で現場を革新し、
人手不足問題の解消とサービスバリュー向上を目指す

ほぼ全ての業種が直面している、労働力不足の問題。これを克服するためには、生産や営業、間接業務などビジネス現場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)が急務です。労働生産性の国際比較(出典:日本生産性本部 2022)によれば、2000年時点で1位だった日本の製造業の労働生産性は、2020年時点で18位まで落ち込んでいます。生産性の低迷は製造業に限った話ではありません。世界銀行などによる国際比較をみても、日本は39位とアジア圏トップのシンガポール(2位)の半分にも届きません。

低迷する現状は、言い換えると、改革の余地が大きいということです。より新しく、インパクトのあるデジタルツールやシステム、改革の手法を採用・導入できる可能性があります。過去にデジタル活用で苦戦した組織にもチャンスはあります。生成AIやローコード/ノーコードツールなどのデジタル技術は日々進化しており、現場による主体的な業務変革が進めやすくなっているからです。慣れ親しんだアナログ型の現場業務にとらわれず、勇気を持って改善に挑み、デジタル技術を活用して業務プロセス全体を革新し、現場力を高次元に押し上げるための手段を模索することが肝要です。

本セミナーでは、DX推進に先行する企業の実例や最新のソリューションなどを基に、現場DXを成功に導くヒントを皆様と共に考えます。

日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ 所長
大和田尚孝

催事終了後に主催アンケートがございます。
ご回答頂きました方の中から抽選で100名様に
「Amazonギフト券(1,000円分)」をプレゼントさせて頂きます。

*「Amazonギフト券(1,000円分)」は催事終了後の主催者アンケートへご回答頂きました方の中から抽選で100名様に後日ご登録のメールアドレスにてお送りさせて頂きます。

* お申し込みは、お一人様につき一回でお願いいたします。

* Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。

* Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

icon開催概要

名 称
現場DX×TECHカンファレンス 2024 Spring
日 時
2024年3月5日(火)13:00~17:00(予定)
会 場
オンラインセミナー
主 催
日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
協 賛
アデコ、 アドビ、 ドーモ、 キーエンス、 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ (社名ABC順)
協 力
日経クロステック、 日経ビジネス、 日経コンピュータ
受講料
無料(事前登録制)
※視聴数には上限がございます。お早めにご登録ください。

iconプログラム

ご視聴になりたい講演にチェックを入れてください。
13:00~13:30

DX推進の取り組みが後発だったからこそ取れたベイシアのリープフロッグ戦略

亀山 博史 氏

日経BPアワード 日経クロステックが選ぶ CIO/CDOオブ・ザ・イヤー2023 特別賞受賞

ベイシア
役員待遇 デジタル推進本部 本部長 兼
商の工業化推進本部 副本部長
亀山 博史 氏

詳細はこちら

<講演概要>
コロナ禍の中、本格的にデジタル化を始めたベイシアは後発だったがゆえに最新システム環境でのネットスーパーやデータ分析基盤でのサービスを開始、アプリ基盤の刷新また従業員向けのアプリ等をいち早く導入する事が出来ました。この背景にある戦略や内製化開発の為のエンジニア人材の採用、組織文化の構築、教育体系など結果を出すための裏側についてお話致します。

大学卒業後マツモトキヨシ入社。上野アメ横店勤務。その後米国にてMBAを取得。アビームコンサルティング、富士通総研で小売、外食、食品卸、サービス業のBPR、システム構想を経験。アマゾンでは化粧品部門トップとして、ビジネス急拡大をリードする。スターバックスではテクノロジー部門のトップとしてデジタル化の推進。2018年より日経BP社のITイノベーターズ日本のリーダーに選出。2020年10月にマーケティング統括本部本部長 兼 デジタル開発本部 本部長として着任。現在は、役員待遇 デジタル推進本部本部長 兼 商の工業化推進本部 副本部長として業務を行う。

13:35~14:05

生成AI×ノンクリエイター デジタル時代のコンテンツクリエーション最前線
~ウエインズトヨタ神奈川様が語る、Technologyの民主化と生成AI活用〜

高橋 絵未 氏

アドビ
Solution Consultant Creative Products
高橋 絵未 氏

宮石 真希子 氏

ウエインズトヨタ神奈川
まちいちばん支援部 部長 兼
ビジネス・デザイン・ラボ 室長
宮石 真希子 氏

詳細はこちら

<講演概要>
顧客体験の価値向上とともにコンテンツ需要は高まり続けており、2026年には現在の5倍もの需要が予測され、かつフォーマットも動画、AR/VRなど益々多様化されていくでしょう。
このコンテンツ需要に企業がどう応えていくのか、コンテンツクリエーションの効率化・質向上に貢献する生成AIはひとつの鍵となります。
本セッションでは、様々な企業がどのように生成AI活用も含めコンテンツ需要に応え、ビジネス効果を出されてきたのかを、ウエインズトヨタ神奈川様の事例登壇も交えご紹介します。

14:10~14:40

まずはここから!中小企業の製造現場DX~手間もコストも最小限で実現する業務効率化~

小泉 聡子 氏

NTTコミュニケーションズ
ソリューション&マーケティング本部 デジタルマーケティング部 主査
小泉 聡子 氏

詳細はこちら

<講演概要>
ホワイトボートでの工程管理や口頭でのレクチャー、もうやめませんか?中小企業の製造現場では、コロナ禍での収益力低下や人手不足の影響で多くの経営者が業務効率化やコスト削減のお悩みを抱えています。本セミナーでは、NTTComが自信をもってお勧めする「最適解」と現場のDXを成功に導く「秘訣」を解説します!

14:45~15:15

データ活用基盤で支える現場力向上〜ロジスティード社のDX戦略と効果〜

半澤 康弘 氏

ロジスティード
営業統括本部 DX戦略本部 SCイノベーション部 部長
半澤 康弘 氏

※本セッションはドーモの提供によりご講演いただきます。

詳細はこちら

<講演概要>
分散管理されていたデータを全体把握したいというビジネス課題からDomoを導入したロジスティード社。当社における現場の業務効率化を目指した取り組み、DX人材育成のビジョンや、自社のデータ分析ノウハウを他社に提供し新たな価値創造に繋げる方法ついて、具体例を交えてご紹介します。

15:20~15:50

DX人材育成と助成金活用の最新事例 ~現場DX×人材育成を実現する方法~

講演者調整中

アデコ
Academy事業部 部長
矢﨑 亮平 氏

詳細はこちら

<講演概要>
現場DXは人材育成を起点に進化します。日々、さまざまな課題に直面している現場においては、実務に直結する効果的な実践型研修が欠かせません。本セミナーでは、これまでの事例をもとに実践研修の内容と、難しい助成金活用の方法をわかりやすく解説していきます。

15:55~16:25

キーエンスRPAがもたらす生産性向上の秘訣

講演者調整中

キーエンス
マイクロスコープ事業部販売促進グループ
中山 龍 氏

詳細はこちら

<講演概要>
RPAとは何か、RPAのメリット、収益性と成長性で注目されているキーエンスのRPAが企業のDX推進ならびに生産性向上にどう役立つか、また活用事例についてもお話させていただきます。

16:30~17:00

トヨタ自動車ティア1の旭鉄工が進めるカイゼンの民主化のための生成AI活用とカイゼン人材の増やし方

講演者調整中

旭鉄工
i Smart Technologies
代表取締役社長
木村 哲也 氏

詳細はこちら

<講演概要>
トヨタ自動車のティア1である旭鉄工では、“変革を止める=生き残りを諦める”という強い信念を経営者が持ち、様々な変革をこれまで成し遂げてきた。直近では、生成AIを活用したカイゼンの民主化とカイゼン人材の育成を推し進め、日本企業の多くが直面する人手不足問題と生産性向上、付加価値創造といった経営課題に正面から向き合っている。
本セミナーでは、そんな旭鉄工の代表取締役社長を務める木村哲也氏をお迎えし、現場DX推進のヒントをお届けする。

1992年東京大学大学院修士修了、トヨタ自動車入社。トヨタ生産方式を学び2013年旭鉄工(株)に転籍。IoTを起点としたDXで利益10億円増、電力消費量26%減の成果を上げる。2016年には他社にノウハウを展開するi Smart Technologies(株)を設立。著書に「Small Factory 4.0 第四次「町工場」革命を目指せ!」、「付加価値ファースト ~常識を壊す旭鉄工の経営~」がある。

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://seminar.vcube.com/checker/videostream/live

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsブラウザ・・・ Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Google Chrome
Macブラウザ・・・ Safari
WindowsOS: Windows 11、Windows 10
MacOS: macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOS ・・・ iOS 10以上、Safari
Android・・・ Android 6以上、Google Chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

プラチナ協賛

アドビ NTTコミュニケーションズ

ゴールド協賛

ドーモ

シルバー協賛

アデコ キーエンス

■Webセミナー【ライブ配信】配信ご受講に際し、以下の事項に同意ください。

1. 視聴に必要なURLは、登録完了メールでご確認ください。
URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
また、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も対応出来かねますので、ご自身でご調整ください。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから