経営課題解決シンポジウム セキュリティー編-将来の事業活動・成長に必須な「投資」としてのセキュリティー

icon開催概要

名 称
経営課題解決シンポジウム セキュリティー編
将来の事業活動・成長に必須な「投資」としてのセキュリティー
日 時
2023年7月28日(金) 13:00~17:10(予定)
主 催
日経ビジネス
協 賛
サイバーリーズン、 インフォメーション・ディベロプメント、 エムオーテックス、 パロアルトネットワークス、 RSA Security Japan (ABC順)
会 場
オンライン配信セミナー
受講料
無料(事前登録制)

iconプログラム(予定)

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
13:00~13:30

【基調講演】

サイバーセキュリティ経営の実践に向けて

上村 昌博 氏

経済産業省
大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官
上村 昌博 氏

講演概要

<講演概要>
昨今は企業の規模に関わらず様々な者がサイバー攻撃の標的になっています。サイバー攻撃から自社を守る為には、経営者自身が責任を持ってサイバーセキュリティ対策に取り組むことが重要です。
本講演では、本年3月の経営者向けのガイドラインの改定内容を中心に、経済産業省が推進している取組を紹介します。

平成5年通商産業省(現 経済産業省)入省。同省情報セキュリティ政策室、内閣官房情報セキュリティーセンター、平成内閣官房IT総合戦略室等において、制御システムセキュリティ、国際連携推進、サイバーセキュリティ体制強化、DX推進等に関与。令和4年7月から現職。

※当初登壇予定の 経済産業省サイバーセキュリティ課長 奥田 修司 氏から講演者が変更となりました。
あらかじめご了承ください。
13:30~14:00

経営に寄与するサイバーセキュリティの検討

林 薫 氏

パロアルトネットワークス
日本担当最高セキュリティ責任者(Field CSO)
林 薫 氏

講演概要

<講演概要>
すべての産業においてグローバル化とデジタル化による経営環境の変化がスピードを増しています。
一方で、サイバー攻撃による事業中断や情報漏洩の発生は、企業におけるデジタル変革への大きな脅威となっています。
本セッションでは企業が直面するリスクと課題の解決に寄与するセキュリティのあり方について検討します。

14:05~14:35

転換点の今、何を選ぶかで企業が変わる~しなやかなサイバーセキュリティとリーダーが残すべきレガシー~

有賀 正和 氏

サイバーリーズン
執行役員
セールス・エンジニアリング本部 本部長
有賀 正和 氏

講演概要

<講演概要>
今やサイバーセキュリティーは欠かせない設備となりましたが、何を選ぶかで、その後の企業の俊敏性や柔軟性をに影響を与えます。ベンダーにロックインさせないサイバーセキュリティと、セキュリティ・リーダーが残すべきレガシー、そして経営者が判断して欲しいポイントをわかりやすく説明します。

14:40~15:10

【AIハッカーによる攻撃リスク】経営者を追い詰める可能性と対策

岡村 浩成 氏

エムオーテックス
プロフェッショナルサービス本部
本部長
岡村 浩成 氏

講演概要

<講演概要>
本セミナーでは、ハッカーによってChatGPTなどのAIが悪用される高度化する攻撃において、企業が直面するリスクについて詳しく解説します。
AI技術の進化により、攻撃者も高度な手法を用いて企業の情報を盗み出すことが可能になっています。
このような攻撃により、企業は機密情報や顧客情報の漏洩、システムの停止、リモートアクセスによる不正な操作などの経営を脅かす重大な被害を受ける可能性があります。
自社グループのCSIRT長、セキュリティ事業、ソフトウェア開発、ホワイトハッカーなどを経験したセキュリティエキスパートが「いろいろやってきたけど、やっぱりこれしかない」と考える、永遠のセキュリティ対策から解放されるため、そして安全性と生産性を両立した経営についてのヒントをご紹介します。ご参考になれば幸いです。

15:15~15:45

私たちの生活を支える制御システムを守る -サイバーレジリエンスの実現-

関原 弘樹 氏

インフォメーション・ディベロプメント
フェロー,CGEIT, CRISC, CISSP
関原 弘樹 氏

講演概要

<講演概要>
私たちの生活を支える生活インフラや製造業で利用される制御システム(OTシステム)を狙ったサイバー攻撃が増加中です。特に重要なインフラを提供する企業が被害を受けると人々の生活に深刻な影響が及びます。本セッションでは、今、経営者に求められる社会的責任と企業が備えておくべきサイバーレジリエンスの実現方法について解説します。

15:50~16:20

AI時代に備える次世代型アイデンティティ対策とは?

八束 啓文 氏

RSA Security Japan
Identity事業部
事業部長
八束 啓文 氏

講演概要

<講演概要>
急速に変化するビジネス環境に対応するためには、セキュリティを第一に考え、ゼロトラスト対応やオンプレとクラウドを含めたハイブリッド環境への対応等、あらゆる変化に柔軟に対応できる統合ID管理プラットフォームが必要です。AI技術を活用してIDのリスク管理を最適化し、MFA(多要素認証)、FIDOやパスワードレス、IDガバナンス管理等により、御社のビジネスを安全性と利便性の両面でサポートします。

16:25~17:10
【パネルディスカッション】

ポストコロナ時代のサイバーセキュリティー戦略のあり方とは

講演概要

<講演概要>
この3年間、企業はビジネス継続や生産性向上のために、デジタルシフトを一気に進めました。DXに取り組む企業も増えました。一方で、サイバー攻撃者にとってはアタックサーフェースの拡大を意味します。企業規模に関わらず、サイバー攻撃はかつてないほど身近なリスクになっています。パンデミックの終息が見えてきたなか、サイバーセキュリティーを経営課題として捉え、どう強化していくべきか、討論します。

和田 昭弘 氏

全日本空輸
デジタル変革室 専門部長
和田 昭弘 氏

木下 陽児 氏

ライオン
デジタル戦略部
部長
木下 陽児 氏

桔梗原 富夫

≪モデレーター≫
日経BP 総合研究所
フェロー
桔梗原 富夫


参加申し込みはこちら

ウェビナー終了後に主催者アンケートがございます。

ご回答頂きました方の中から抽選で20名様に
「Amazonギフト券(1,000円分)」をプレゼントさせて頂きます。

*「Amazonギフト券(1,000円分)」は催事終了後の
主催者アンケートへご回答頂きました方の中から抽選で20名様に
後日ご登録のメールアドレスにてお送りさせて頂きます。

* お申し込みは、お一人様につき一回でお願いいたします。

* Amazon.co.jpは、本プロモーションのスポンサーではありません。

* Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは
Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

icon視聴にあたって

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsブラウザ・・・Microsoft Edge、Mozilla Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 11、Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOSデバイス(iPhone/iPad)・・・ iOS 10以上、safari
Android・・・ Android 6以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

【お申し込み受付を終了しました】
日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから