お申し込み受付を
終了しました

 世界的にEV(電気自動車)やSDV(ソフトウエア定義車両)の開発が活発化しています。EVはカーボンニュートラルを達成するための重要な選択肢の1つであり、SDVは自動運転やセンサーデータの活用など、新たな価値を生み出す技術として期待されています。

 2023年1月に米国ラスベガスで開催された「CES 2023」ではソニーグループとホンダが共同で設立したソニー・ホンダモビリティがEV・SDVの新ブランド「AFEELA(アフィーラ)」を発表しました。従来のクルマの枠を超えた新たなモビリティーの創出には、こうした異業種の連携が求められています。

 EV・SDVでは米Tesla(テスラ)や中国のEVメーカーなど、新興企業の躍進が目立ちます。米Google(グーグル)や米Apple(アップル)といった巨大IT企業の参入も本格化しそうです。過去の設計資産を守りながら、改善を積み重ねてきた伝統的な自動車メーカーにとっては、事業のスピードをいかに速めるかが課題になります。

 近年はロシアによるウクライナ侵攻や半導体不足の影響、原材料価格の高騰など、自動車業界の先行きに不透明感が強まっています。本セミナー「自動車未来サミット2023」では、世界的なEVシフトの動きに変化は見られるのか、SDVを離陸させる上でどのような取り組みが求められるのか、業界のキーパーソンとともに探っていきます。

開催概要

名称
自動車未来サミット2023
~どうなるEVシフト、SDVは離陸するか~
日程
2023 5 23 日(火)
13:00~18:00(予定)
会場

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6

https://solacity.jp/access/

主催
日経Automotive
受講料
49,800円(税込み)
定員
100名

※最少開催人数(40名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

プログラム

※講演者や講演時間・講演内容など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:05

主催者挨拶

木村 雅秀

日経Automotive
編集長 木村 雅秀

13:05~13:45

日産自動車の軽EV「サクラ」が切り開く日本版EVシフト

坂 幸真 氏

日産自動車
第三製品開発本部
第三製品開発部
第二プロジェクト統括グループ
セグメントCVE 坂 幸真 氏

詳細はこちら

2022年6月の発売以来、日本市場で大変好評を得ている日産の軽自動車EV「サクラ」は、これまでの軽自動車の常識を大きく超えることを目標に企画/開発を行った。本講演では企画/開発ストーリーならびに将来EVがどのように進化していくか、その可能性について紹介する。

13:45~14:25

ガラパゴスか正常進化か、EVシフト・SDVの先を読む

木村 雅秀

日経BP
日経Automotive 編集長 木村 雅秀

詳細はこちら

世界中でEV(電気自動車)やSDV(ソフト定義車両)の開発が加速する中、日本の自動車産業はどのような未来を描くのか。取り残されガラパゴス化するのか、技術を冷静に見つめて正常進化を遂げるのか。車両の電動化やソフト化、水素活用など、最新技術から日本の自動車メーカーの将来を見通す。

休憩

14:40~15:20

マツダのデジタル化へのアプローチ
人とIT の共創による価値創造へ

木谷 昭博 氏

マツダ
常務執行役員 MDI&IT担当 木谷 昭博 氏

詳細はこちら

1996年のマツダデジタルイノベーションによるコンピューターシミュレーションの強化を経て、現在のモデルベース開発に至る業務変革を推進してきた当事者が、大切にしてきたことや苦労など、経験と生の声をもとにDX推進のポイントをお伝えします。

15:20~16:00

NEV世界首位、BYDジャパンが挑む日本のEV市場攻略

東福寺 厚樹 氏

BYD Auto Japan
代表取締役社長 東福寺 厚樹 氏

詳細はこちら

BYD Auto Japanは、2022年7月に日本の乗用車市場への参入を発表し、2023年1月31日より日本発売モデル第1弾のe-SUV「ATTO3」を販売開始しました。本講演では、BYDグループの事業概要、BYD Auto Japanの市場参入背景や、販売開始から現在までの進捗状況、今後の事業戦略についてご紹介します。

16:00~16:40

モビリティにおける新たな価値基準の創出

川西 泉 氏

ソニー・ホンダモビリティ
代表取締役 社長 兼 COO 川西 泉 氏

詳細はこちら

「多様な知で革新を追求し、人を動かす。」という企業パーパスを掲げ、 “Mobility Tech Company”として、モビリティの革新を追求していくソニー・ホンダモビリティ。新ブランド「AFEELA」で、人とモビリティの新たな関係をどのように提案していくのか。

休憩

16:55~17:30

Q&Aセッション

ご来場の皆さまからのご質問にお答えします。

17:30~17:50

名刺交換会

講師と名刺交換をいただける時間です

※18:00閉場予定

申し込みについて

【お申し込み注意事項】

  • ※受講料のお支払い:請求書払い/クレジットカード払いが選択できます。
    お支払方法が「請求書」の方には、後日、請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。
    なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>
    https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
    来場受講のお客様はセミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    各種書類(領収書等)の発行については、
    こちら https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/bp/faq/#charge05
    をご覧ください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。
  • ※申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※講師の急病等の事情により、講演が差し替わった場合でも受講料は返金いたしません。
  • ※天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、セミナー自体を中止する場合があります。この場合、セミナー受講料金は返金いたします。
【ご参加の皆様へ】
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
     また、お子さま連れでのご参加はご遠慮ください。
  • ※このセミナーの運営事務局からメールやお電話でご連絡を差し上げることがあります。
  • ※安心してご参加いただくための対応方針
     本セミナーにおける感染防止の取り組みは下記URLでご確認ください。
     https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/covid-19/

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンターセミナー係

お問い合わせ

お申し込み受付を
終了しました

日経BP